人間ドック・脳ドックの重要性と医療機関の探し方

6d48ec8889d5e3d8c6491e097eaae1e9_m

先日、人間ドックを受けてきました。
一部を会社が負担してくれるとのことで、同僚たちのほとんどがこの機会に受けました。

そこで、同僚の1人はがんが発見されました。

40代前半です。
以前よりお酒を飲むと体調が悪いときがあるようでしたが、それほど重症だとは認識しておらず、人間ドックの結果をきっかけに病院に通い、血液検査などで分かっていったようです。

今は闘病中です。
心から頑張って欲しいと思っています。

人間ドックに行ってなければ、まだそのがんは発見されていなかったかもしれません。
早期発見と言えるかわかりませんが、人間ドックを受けたことで、受けなかった場合よりはかなり早く発見できたと思います。
このような機会を与えてくれた会社に、感謝です。

また、20代前半の若い女性も、いますぐ要治療、という項目があったようです。
大きな病気ではなかったようですが、詳しく病院でみてもらったことで、安心には繋がりました。
20代前半でも、人間ドックで病気が発見されることもあるんですね。
40歳から奨励している会社が多いと思いますが、少しでも気になることがあれば、一度行ってみることをおすすめします。

金額は、安くはありません。
検診なので、保険対象外であり、3割ではなく全額負担です。

人間ドックでしたら、おおよそ2万円~10万円ぐらいです。
5万円前後のプランが多いです。
オプションで検査項目を増やしていくと、もっと高くもなります。
出来るだけ多くの項目を受けた方が安心ですが、お金と相談しながら、必要なものを選ぶようにしましょう。

私は、さきほど脳ドックを予約しました。
最近、頭痛が多いからです。
もともと頭痛が多い方でしたが、ここ最近はずっと軽い頭痛が続いており、旦那に「心配だから脳ドックに行ってみて」と言われました。

予約日は2か月後です。
約3万円の基本プランですが、問題がないなら安心ですし、脳の血管に問題があれば大変です。
結婚した以上、私だけの問題ではないですし、お子様がいるご家庭でしたら、両親のどちらかに何かあれば大変なことです。

体に気になることがあれば、ぜひ早めに検診に行くことを推奨します。
私も重い腰を上げましたので、ぜひ皆様にもお願い申し上げます。

 

人間ドック・脳ドックが受けられる医療機関の探し方

どこで受けられるんだろう?
何を受けたらいいんだろう?
そう思って調べたところ、全国の人間ドック・脳ドックが受けられる医療機関を検索できるサイトがあることを知りました。
いくつかサイトがあるのですが、掲載されている医療機関の数が多く、見やすいサイトはこちらでした。

人間ドックのここカラダ
→ 公式サイト

★良い点
ホットペッパーやリクナビなどで有名な、株式会社リクルートホールディングスが運営していますので安心です。
人間ドックをはじめとした各種検診が受診できる施設の検索・予約サイトです。
掲載病院数、検査コース数は業界最大級です。
女性向けの検診を考えている方向けの検索もあります。

人間ドックで検査する内容について詳しく書いてあったり、このオプションで何の病気のリスクが分かるか、などが分かりやすく改定あるので、何を申し込めばいいか悩んでいる方に見てほしいです。

 

他には、これらのサイトもあります。

人間ドック・がん検診予約ならマーソ
→ 公式サイト

メポからだグッド
→ 公式サイト

医療保険や生命保険は、万が一のときにお金で助けてくれるものです。
病気を防いだり、家族の悲しみを軽減することはできません。

健康に気を配れるのは、ご自身や家族だけです。
気になることがあれば、ぜひ検診に行ってみてください。

関連記事

あなたにおすすめの保険相談はどこ?WEB診断

あなたにおすすめの保険相談はどこでしょうか? WEB診断により、ベストな保険相談がどこかを調べてみ

記事を読む

フェミニーヌの保険料は終身保障の掛け捨てと比べてどうなのか?

フェミニーヌは女性保険の中でも知名度の高いもので、評判も悪くなく、フェミニーヌを提案している

記事を読む

マイナス金利で保険料があがるの?

先日のワールドビジネスサテライトWBSでやっていましたが、マイナス金利の影響で、今後は保険料

記事を読む

「保険はいらない」論は本当?

世の中にはさまざな保険があります。 その中で、「いる」「いらない」と意見がはっきり分かれるのが、民

記事を読む

管理人が加入している保険とは?夫と妻の二人分

管理人(妻)は保険について調べるのが趣味です。 保険相談にもたくさん足を運んでいます。 そんな

記事を読む

横浜線沿いの店舗型保険ショップ

私と同じように、横浜線沿いに住んでいる方向けに、 どの駅に無料保険相談のできる店舗型保険ショップが

記事を読む

専業主婦に保険はいらないか?

結論からいうと、子供がいる家庭は専業主婦でも保険の検討が必要な場合があります。 夫の保険は手厚

記事を読む

2016年3月 日本生命などが予定利率ダウン(=保険料アップ)を発表

毎日新聞など、多くのニュースメディアで取り上げられました。 日本生命の4月1日からの保

記事を読む

無料保険相談での商品券プレゼントを見なくなったのはなぜ?

以前、多くのFP紹介業者が、無料保険相談の申し込み&面談で、商品券5000円程をプレゼントしてくれる

記事を読む

2016年、保険&保険業界はこう変わる!?

そのときどきの社会情勢や時代のニーズによって、保険の保障内容や保険業界の体制は変化しています

記事を読む

  • https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_07_PAK853_namiuchigiwadekoibito14171628-thumb-1000xauto-18620 

PAGE TOP ↑