専業主婦に保険はいらないか?

結論からいうと、子供がいる家庭は専業主婦でも保険の検討が必要な場合があります。

夫の保険は手厚く入っている家庭でも、専業主婦が保険に入っていない家庭はめずらしくありません。
専業主婦は収入がないため、亡くなっても経済的に問題ないか?
いいえ、「収入がない」と「死亡した場合経済的に負担がない」とはイコールではありません

特に子供がいる家庭は、経済的負担が大きくなります。
たとえば、妻が亡くなって父子家庭になった場合、こどもは親元にあずけて面倒を見てもらおうと考えている人が多いでしょう。
親元と家が離れているケースでは、子供だけ親元に預け、夫は今の職場で働き続けるという選択をすれば、単身赴任と同じ状態であり、生活費がダブルになります。
また、夫も子供も親元に世話になるというケースでは、親元と家が離れていれば、夫が転勤か転職をする必要があり、夫の減収になる可能性があります。住まいの確保や引っ越し費用なども必要になるかもしれません。
今の家に住み子供をベビーシッターや保育園に預ける場合、かなりの負担がかかります。
小学生以上で自分で通学できる年齢であっても、夕食の仕度が間に合う時間に夫が帰宅しようとすると、職場内での異動を願い出る場合は、当然その分だけ収入や昇進位影響がでます。

以上より、たとえ頼れる親がいたとしても、妻の葬式代だけでなく、以後の日々の暮らしで金銭的な損失が生じる可能性が高いことは認識しておく必要があります。

ただし、今の住まいと親元が比較的近所で、同居できるだけの広さがあるという恵まれた環境であれば、金銭的な負担があまりかからないかもしれません。

妻の死亡保障や医療保障は、普段は表面化しない内助の功を具体的にイメージする良い機会です。
そのうえで、保険に加入すべきかを検討しましょう。

 

 

店舗型保険ショップ 比較ランキング(サイト内)

FP派遣型 比較ランキング(サイト内)

関連記事

無料保険相談での商品券プレゼントを見なくなったのはなぜ?

以前、多くのFP紹介業者が、無料保険相談の申し込み&面談で、商品券5000円程をプレゼントしてくれる

記事を読む

フェミニーヌの保険料は終身保障の掛け捨てと比べてどうなのか?

フェミニーヌは女性保険の中でも知名度の高いもので、評判も悪くなく、フェミニーヌを提案している

記事を読む

横浜線沿いの店舗型保険ショップ

私と同じように、横浜線沿いに住んでいる方向けに、 どの駅に無料保険相談のできる店舗型保険ショップが

記事を読む

マイナス金利で保険料があがるの?

先日のワールドビジネスサテライトWBSでやっていましたが、マイナス金利の影響で、今後は保険料

記事を読む

2016年3月 日本生命などが予定利率ダウン(=保険料アップ)を発表

毎日新聞など、多くのニュースメディアで取り上げられました。 日本生命の4月1日からの保

記事を読む

人間ドック・脳ドックの重要性と医療機関の探し方

先日、人間ドックを受けてきました。 一部を会社が負担してくれるとのことで、同僚たちのほとん

記事を読む

管理人が加入している保険とは?夫と妻の二人分

管理人(妻)は保険について調べるのが趣味です。 保険相談にもたくさん足を運んでいます。 そんな

記事を読む

「保険はいらない」論は本当?

世の中にはさまざな保険があります。 その中で、「いる」「いらない」と意見がはっきり分かれるのが、民

記事を読む

あなたにおすすめの保険相談はどこ?WEB診断

あなたにおすすめの保険相談はどこでしょうか? WEB診断により、ベストな保険相談がどこかを調べてみ

記事を読む

2016年、保険&保険業界はこう変わる!?

そのときどきの社会情勢や時代のニーズによって、保険の保障内容や保険業界の体制は変化しています

記事を読む

  • https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_07_PAK853_namiuchigiwadekoibito14171628-thumb-1000xauto-18620 

PAGE TOP ↑