2016年3月 日本生命などが予定利率ダウン(=保険料アップ)を発表

308758

毎日新聞など、多くのニュースメディアで取り上げられました。

日本生命の4月1日からの保険料値上げ。

今回の対象商品は、貯蓄性のある「一時払い終身保険」のみです。
契約時に約束された利回りの「予定利率」を0.75%から0.50%に引き下げるとのことです。
これは実質、7.3~8.7%の保険料アップとなるということです。

日本生命以外にも、3月1日から第一生命保険、明治安田生命保険、住友生命保険はすでに値上げ済みです。

 

値上げの理由は、今話題となっている「マイナス金利」の影響です。
日銀のマイナス金利政策により、日本生命の運用利回りが予定よりも下がってしまい、契約者に予定の利率でお金を返せなくなったためです。

日本生命など保険会社の運用が厳しいのは分かりますが、契約者にとってはたまったものではありません。

 

たとえば・・・500万円を一時金で受け取れる終身保険に加入していた場合、契約年齢50歳の男性の場合、支払う保険料は約437万円でした。
+63万円上乗せされてお金が家族に戻ってくる、貯蓄性の高い保険です。

それが、予定利率が下がったことにより、支払う保険料が約468万円に増えました。
+32万円しか上乗せされなくなったということです。

予定利回りの引き下げにより、上乗せされる金額が減少しています。

 

ただし、予定利率の引き下げは今月に限った話ではありません。
昨年、2015年の7月にも「予定利率」の引き下げがありました。
予定利率は0.85%から0.75%に引き下げられています。

また、同じ時期に貯蓄保険の販売停止もありました。

その前の2015年2月にも予定利率の引き下げがあり、それ以前にもあったと考えられます。

 

食料品などの値上げが続いているように、保険料が値上がり続けているのも経済状況によるものですね。

 

バブル時代など、景気が良いときは貯蓄型の保険は利率がよく、かなり上乗せされてお金が返ってくるので人気の商品でしたが、最近は予定利率が低く魅力的でないことから、保険商品で貯蓄しようとしている人は減っています。
一部例外として、貯蓄型の保険でも学資保険の加入数は増えています。

自分の老後に備えるよりも、今いる子供のためにお金を貯めたい、と考えている人が多いようです。

 

個人的には、今の時代では、貯蓄型の終身保険よりも、低価格で大きな保障がもらえる掛け捨て保険の方が適しているケースが多いと思っています。
掛け捨てなので損する可能性は大きいですが、子供がいる世帯などは、老後の資金よりも当面の子育て資金が家計を圧迫するケースが多いので、その子育て時期に高い保険料を納めないといけない貯蓄型の終身保険はどうなんだろう、と思っています。

もちろん、ご家庭の状況によりますし、貯蓄型保険の中でも魅力的な商品はあると思います。

ご自身のご家庭にあった保険はどれなのか、ぜひお金のプロに相談することをおすすめします。

 

▼ご参考までに
無料保険相談 おすすめ比較ランキング!!【2016年】

関連記事

「保険はいらない」論は本当?

世の中にはさまざな保険があります。 その中で、「いる」「いらない」と意見がはっきり分かれるのが、民

記事を読む

人間ドック・脳ドックの重要性と医療機関の探し方

先日、人間ドックを受けてきました。 一部を会社が負担してくれるとのことで、同僚たちのほとん

記事を読む

専業主婦に保険はいらないか?

結論からいうと、子供がいる家庭は専業主婦でも保険の検討が必要な場合があります。 夫の保険は手厚

記事を読む

マイナス金利で保険料があがるの?

先日のワールドビジネスサテライトWBSでやっていましたが、マイナス金利の影響で、今後は保険料

記事を読む

無料保険相談での商品券プレゼントを見なくなったのはなぜ?

以前、多くのFP紹介業者が、無料保険相談の申し込み&面談で、商品券5000円程をプレゼントしてくれる

記事を読む

フェミニーヌの保険料は終身保障の掛け捨てと比べてどうなのか?

フェミニーヌは女性保険の中でも知名度の高いもので、評判も悪くなく、フェミニーヌを提案している

記事を読む

管理人が加入している保険とは?夫と妻の二人分

管理人(妻)は保険について調べるのが趣味です。 保険相談にもたくさん足を運んでいます。 そんな

記事を読む

2016年、保険&保険業界はこう変わる!?

そのときどきの社会情勢や時代のニーズによって、保険の保障内容や保険業界の体制は変化しています

記事を読む

あなたにおすすめの保険相談はどこ?WEB診断

あなたにおすすめの保険相談はどこでしょうか? WEB診断により、ベストな保険相談がどこかを調べてみ

記事を読む

横浜線沿いの店舗型保険ショップ

私と同じように、横浜線沿いに住んでいる方向けに、 どの駅に無料保険相談のできる店舗型保険ショップが

記事を読む

  • https___www.pakutaso.com_assets_c_2015_07_PAK853_namiuchigiwadekoibito14171628-thumb-1000xauto-18620 

PAGE TOP ↑